爪の形によって雰囲気は変わる!

爪の形によって雰囲気は変わる!

様々なネイルカラーで気分を変えたり、日常の何気ない生活に華やかさをプラスしたりとネイルアートを楽しむ方が多いです。しかし、爪の印象を変えるのはカラーやアートだけではありません。爪の形次第で雰囲気は大きく変わってくるのです。ネイルサロンで施術をする際にはそうした爪の形までお任せすることができますが、実際に自宅でセルフネイルを行う際にはなかなか爪の形まで整えている人は少ないのではないでしょうか。どんなに綺麗なネイルカラーをしていてもアートをしていても、爪の長さが不揃いであったり形がバラバラであれば、見た目はあまり美しいとは言えないかもしれません。せっかく素敵なネイルカラーにチェンジするのであれば、そのカラーや自分のイメージする雰囲気に合わせて爪の形も綺麗に整えることが大切です。基本の種類はラウンド、スクエア、オーバル、そしてポイントです。ラウンドとは1番シンプルな爪の形で、ナチュラルな丸みを帯びた形が特徴です。スクエアは爪先が横にストレートで角がが角張った形が特徴です。オーバルはラウンドの角を削りさらに丸く、そして細く整えた形です。このオーバルの先端をさらに細くしたものがポイントです。爪が丸みを帯びているか角張っているかだけでも大きな雰囲気の違いがありますし、さらに先端の細さによって印象は変わってきます。洋服やヘアスタイルを選ぶように、お洒落をする際には爪の形にまでこだわると気分もより高まるでしょう!目の下にできるクマの一つである茶グマですが、実は茶グマには大きく分けて2つの種類があります。まず一つ目は、皮膚の表面にできたシミや化粧品の成分からなる色素沈着です。毎日の紫外線による肌へのダメージがシミとなって表れることも多いです。また、仕事やプライベートでほぼ毎日化粧をしている人の場合も、しっかりとメイクを落とし切れていなかった、もしくはメイクを落とす際に強く擦りすぎていることが原因で茶グマができてしまうのです。そして二つ目が、皮膚の奥深くにできた色素沈着です。最初に挙げた皮膚の表面にできた茶グマであれば、日々のケアをすることで改善が期待できます。まず、スキンケアは美白を意識した製品を使うことが効果的です。紫外線によるシミが茶グマとなっている場合は特に、美白のケアを心掛けることが大切です。また、化粧をしっかりと落としきること、そしてゴシゴシと強く擦らないことも心掛けましょう。目の周りは皮膚も薄く刺激が色素沈着として残りやすい部分でもあるのです。スキンケアは優しく丁寧に行うようにしましょう。また、皮膚の奥深くにできたシミが原因の茶グマの場合、日頃のスキンケアだけで改善するのは難しいと言えるでしょう。こうした皮膚の奥深くのシミとなってできた茶グマは美容クリニックなどのレーザー治療が一般的です。茶グマの原因として多いのは紫外線のダメージや化粧、そしてけ強い刺激です。日頃からこうした点に気をつけて茶グマのできない明るい目元を目指しましょう!恵比寿 整体