特殊系の美容師になるには

特殊系の美容師になるには

特殊系の美容師になるには

 

特殊系のパーマを扱う美容師になるためには、基本的には美容師の免許を持っている事が大前提なのですが、通常は免許を取得する前にこれらのパーマを学ぶ機会、というのは無いようです。ですから美容師として特殊系のパーマを扱う美容室に入店し、その後先輩美容師からの指導を受けたりそういうパーマを専門としている講習会に参加したり、という方法で学んでいくようです。こういう特殊パーマを扱う美容師になることを希望する人は、基本的には自らもそういうスタイルが好き、特に美容師の中でもブラック系ミュージックなどに興味がある人が希望する人が多いようですね。逆にブラック系ミュージックが好きだからこの道を選んだ、と言う美容師もいるようですね。基本的にそういうヘアスタイルを希望するお客さんがおおい訳ではないので、そういう特殊な美容室が流行るかどうか、というのは時代の流れだったりその時の流行り廃りだったりするので、オーナーや経営者も趣味の領域でやっている人も多いようですね。ですからその美容室で働いて安定した収入を得て、というのは時によっては厳しい事もあるかもしれません。ですから「特殊パーマだけが出来る」と言う美容師では困ることも有ります。通常のパーマのテクニックというものも大切にして行った方が良い、と言う事がいえるかもしれません。

 

福祉領域の美容師

 

特殊なパーマなどを扱って独特なヘアスタイルを希望する人たちのために技術を提供している美容師もいますが、一方で特別な技術ではないけれども通常の美容師とは違う働き方をしている美容師もいます。福祉美容師もそのひとつだといえるでしょう。福祉美容師とはその名の通り、福祉を基本として活躍をしている美容師の事で、基本的に何らかの事情を抱えて美容室に通う事が出来ないひとに対して、逆にそのお客さんの元を訪問して施術を提供する美容師のことを言います。たとえば障害を抱えて外出が困難な方、高齢者、要介護状態の方々、等の元へ伺ってヘアスタイルを整えてあげるんですね。訪問先は個人のお宅の場合も有れば、高齢者施設や病院だったりします。こういった福祉美容師になるには美容師免許の他にも「認定福祉美容介護師」や「福祉理美容師」といった資格を取得している人が殆どです。国家試験ではありませんが、福祉美容師として働くうえで美容師の技術以外にも必要な技術や知識を学ぶことが求められているんですね。当然ながら美容師免許を取得している、もしくは取得する見込みであると認定されている人でなければ受験する事が出来ません。福祉美容師はその働き方から訪問美容師、と呼ばれる事も多く、福祉美容師として働きながら認定を受ける人も多いようです。

 

特選サイト

武蔵浦和で美容師転職するなら!

美容師の転職は中途で武蔵浦和