手の乾燥が小じわを招く原因に!?

手の乾燥が小じわを招く原因に!?

10代までは張りと潤いのあるツルンとした肌だったのに、20代30代と歳を重ねていくごとに、手の潤いも減り小じわが増えたと感じる人も多いのではないでしょうか?これは歳を重ねる事による体の自然な変化です。しかし、間違った生活の積み重ねがその現象を速めているかもしれません。まず考えられるのが、手のケアを一切行わないということです。女性の大半は顔や体のケアにこだわりますが、手のケアまでしっかりとこだわっている人は意外に少ないかもしれません。しかし、見た目はどんなに若く取り繕っていても、手の小じわが多いと実年齢よりも老けて見られがちなのです。中には「家事や炊事で手のケアはしても意味がない」と思っている人もいるかもしれません。ですが、手のケアをするかしないかで、その結果は大きく変わってきます。まずは保湿クリームを使ってしっかりと手の保湿を心掛けるようにしてみましょう。保湿クリームは硬さも様々ですし、香りも多くの種類があります。人それぞれ「硬いのは使いずらい」「無香料が良い」「香りを楽しみたい」など選ぶ基準が異なる様に、その選択肢もたくさんあるので自分に合ったものを見つけましょう。使い心地の良い物であれば、きっと毎回使用するのが楽しくなるはずです。せっかくなので嫌々続けるよりも、楽しく続けられたら嬉しいですよね。素敵な保湿クリームを見つけて、小じわのない綺麗な手を目指しましょう!日焼けをするのは外出する時だけだと思っていませんか?実は室内で過ごしている時も、窓ガラスを通過して紫外線を浴びてしまうのです。紫外線カット効果のある窓ガラスを使用している所もあるでしょうが、それでもやはり長時間窓際で過ごす際は、日差しに気をつけた方が良いと言えるでしょう。いつの間にか「うっかり日焼け」をしてしまうのです。怖いのは、外出している時のように紫外線を浴びている実感がないということです。紫外線を浴びている意識や実感があれば、日焼け止めを塗ったりとケアすることができます。しかし、室内のように無意識に紫外線を浴びる場合、気付いたら顔が赤くなっている、焼けてしまったと後になって感じるのです。では夏の間だけ気をつければいいのでしょうか。いいえ、紫外線は一年中降り注いでいます。夏だけに限らず、一年中室内でも紫外線対策を行うことが大切です。対策と言っても、室内でサングラスや帽子を着用する必要はありません。日差しの強い時間は紫外線カットのカーテンをかけておく、窓際で過ごさないなど簡単な対策で十分です。また、日常使いに丁度良い日焼け止めを塗っておくのも効果的です。ローションタイプやファンデーションタイプを選べば、肌への負担も軽く安心です。紫外線は肌を黒くするだけでなく、乾燥やシミの原因にもなってしまうため美容の大敵です。外出時だけでなく室内で過ごす際にも、うっかり日焼けを防ぐように気をつけましょう!美容室 調布駅 カット カラー おすすめ 安い