新陳代謝と日焼けした肌の関係

新陳代謝と日焼けした肌の関係

日焼けをした後、しばらくすると大抵もとの肌色に戻りますよね。しかし、なかには日焼けから随分経っても元の肌色に戻らない人もいるかもしれません。その原因として、新陳代謝が大きく関係していると考えられます。新陳代謝とは、体内の古い角質や細胞などが新しいものへと変わるサイクルのことを意味しています。体は常に新陳代謝を繰り返していますが、新陳代謝が落ちてしまうとこのサイクルが乱れ、新しいものへと変わるのに時間がかかってしまうのです。新陳代謝が活発に行われていれば、日焼けした肌でも自然と周期がくればもとの肌色に戻っていきます。しかし、そうでない場合は、日焼けした肌がもとの肌色に戻るまでに長い時間がかかってしまうのです。長い時には数ヶ月から半年近く日焼けが戻らないということもあります。それだけでなく、肌のくすみや透明感を失う原因にもなってしまうのです。そうならないためにも、しっかりと新陳代謝を上げることが大切なのです。まずは基本的な睡眠を見直してみましょう。睡眠は肌の新陳代謝を上げる効果的な方法です。1日7時間は睡眠をとるのが理想だと言われています。次に運動です。運動により筋力がつくため、新陳代謝が活発になります。日頃から適度な運動を取り入れるようにするといいでしょう。また、こうした方法以外に、野菜や果物に含まれる酵素を摂ることも新陳代謝の活性化に効果的です。焼けた肌をしっかりともとに戻すためにも、こうしたことを意識してみるといいかもしれません。ふと鏡で自分の顔を見た時に、口角が下がっていませんか。何気ない生活の中で、無意識にムッとした表情を作ってしまう、そんな人は表情が暗くなってしまうのです。口角の下がりはこうしたネガティブな印象を与えるだけでなく、顔のしわやほうれい線の原因にもなってしまうのです。しわやほうれい線は年齢が高くなってからだと安心していると、ガックリ肩を落としてしまうかもしれません。とは言え、忙しい時や疲れが溜まっているとついつい笑顔を忘れてしまいがちですよね。時間に追われる生活を送っている時は特に笑顔を作る余裕を失いがちです。そんな時は、休憩やお手洗いを利用する際に、鏡の前でにっこり笑顔を作ることを心掛けてみるのです。笑顔が習慣づいている人も中にはいますが、そうでない人は意識して笑顔をキープするようにするのです。そうすることで無意識のうちに笑顔になる習慣がついてくるはずです。また、笑顔には相手に良い印象を上げるだけでなく、表情の筋肉がしっかりと動かされ、顔のたるみ解消やむくみの解消にも効果的なのです。いつも笑顔な人を見て嫌な気持ちになる人はいませんよね。むしろ「素敵だな」と感じる人がほとんどだと思います。外見だけでなく、笑顔でいる人は美しく見えるものです。最近自分の口角が下がっているなと自覚している人は、明日から笑顔をキープする意識を持ってみてはどうでしょうか。自然と気持ちも明るくなりますし、美人度アップに繋がりますよ。新宿 ネイルサロン