眠りを誘うシャンプー

眠りを誘うシャンプー

実際に美容師にシャンプーをしてもらっていると、あまりにも心地よくて眠ってしまた、という人もいるかと思います。人に髪を触られている気持ち良さもあるのですが、実は何となくですが頭が細やかに揺れているんですよね。そのわずかな揺れが眠気を誘う事がよくあるんですね。ゆりかごの中では赤ちゃんが眠りやすいのと似ているかもしれませんね。ですが人によっては「眠ってしまうのは綱島駅の美容院でデジタルパーマが人気で予約した美容師の皆さんに対して失礼ではないか」と思って必死で眠気と戦っている人もいるようです。ウトウトしていたら美容師さんが作業がしにくいのではないか、と思ってしまう人もいるようです。ですが美容師にとってはお客さんがウトウトするのは、それだけ気持ちが良いから、という事を感じ取ることができるので、多くの美容師の皆さんはお客さんがウトウトするのを嬉しく思う様ですね。実際に顔の上に布や不織布の様なものが掛けられていることがほとんどなので、眠っているかどうか美容師に気付かれる事も少ないようです。シャンプー中はそんなに会話が弾むわけではないですから、もしも返答が返ってこなければ美容師のみなさんも、お客さんが眠っているのかな、と思ってほっておいてくれるはずです。もしも起きないと危ない感じの作業があるのであれば、ちゃんと起こしてくれますし、何も恥ずかしがることはないようです。「気持ちよくて寝てしまった」というのは美容師にとっては褒め言葉になるようですよ。私達が髪を洗う時には、そんなに洗う場所の順番なんて気にしませんよね。何となく癖で頭頂部から洗ってしまう、という人が多いのではないでしょうか。実は美容師の皆さんがシャンプーをしてくれる時には、洗う場所の順番がきちんと決められているんですね。意識してみると実感できると思うのですが、多くの美容室ではシャンプーの時にはまずはフェイスラインから洗うようにしているようです。フェイスラインとは髪の毛の生え際にあたります。耳の周りや襟足もそうですね。これらの場所はかゆみを感じやすい場所なのだそうです。かゆみを感じる、というのはくすぐったさ、気持ち良さを感じる部位でもあるんですよね。この辺りをまず最初に洗ってもらう事で最初にしっかりと心地よさを感じる事が出来るんですね。フェイスラインをしっかりと洗ったら、徐々に頭頂部に向って洗っていくのが一般的な様です。こういった方法は自分でシャンプーする時にも取り入れる事が出来るのではないでしょうか。確かにフェイスライン、特に耳の後ろ側などはとてもくすぐったくて気持ちが良い、と思う箇所ですよね。こういった所をまずは刺激する事でかゆみをしっかりと取って気持ち良いという感覚へと導くことができるようです。順番なんてあまり関係ないと思っていましたが実は重要なポイントだったのですね。