店は辞めるが美容師は辞めない

店は辞めるが美容師は辞めない

美容師と言う仕事が根っから大好きだ、と言う人はたとえ今の美容室を辞めたとしても美容師と言う職を続けるものでしょう。つまりその人にとっては美容師と言う職業には問題はないが、今働いている美容室がその人にとっては問題であった、と言う事になります。実際に近年は「お店を変わりたい」と希望する美容師が多いようですが、その理由の一つとしては、他の美容室の働き方を知るチャンスが増えた、と言う事があるようなんですね。たとえばSNSの普及により、美容専門学校時代に共に学んだ仲間たちが、どのようなお店で働いているか、と言う事も容易に知ることができるようになりました。以前なら自分のお店以外の事は良く知らなくて、どこの美容室も同じだろう、と思っていたことが、実際にはお店によってずいぶんと待遇や働き方が違うのだ、と言う事が美容師たちには解るようになってきたのでしょう。自分のテクニックなら別の店でこれぐらいはできるかもしれない、という判断材料もネット上で見つけたりすることもできるでしょう。そもそも求人情報を見れば、単純にほかの美容室ならばどのような条件で働けるのか、と言う事を比較する事が出来るようになってきました。働く側も雇う側もたくさんの情報を得る事が出来るようになったことで、美容師たちの動きも様々になって来たのではないでしょうか。美容師と言う職業は、かなり離職率が高い、というのは良く知られている所です。それでも美容師になりたい、と思って美容専門学校へ進む道を考える若者は多く実際に美容師免許を取得する人は多いものです。美容師の件数もかなり増えていてコンビニ並みだ、と言われていますが、では美容師として働いている人が皆満足しているのか、といえばそうではない事が多いんですよね。では美容師が辞めてしまうのはどうしてなのでしょうか。単純に「きついから」といって辞めていく人は最初から向いていなかった人、そんなに美容師と言う職業にこだわりを持っていなかった人、と言えるかもしれません。ですが本当に美容師になりたいと心から思って努力して、やっと就職するところまでたどり着いたのにそれでも辞めてしまう美容師もいます。そういう人たちが辞める理由と言うのは単純に「きつい」と言うだけではないのではないでしょうか。美容室と言う所は小さな職場であるケースが多く、そのお店の経営や雰囲気などは上に立つオーナーや店長次第である、ともいえるでしょう。美容師が雇っても雇っても続かない、という美容室も有ると思うのですが、そういう川越の美容院はどんな環境だから美容師が辞めてしまうのだろうか、と考えてみる必要がありそうですね。