前の美容室で自分を出せていたのか

前の美容室で自分を出せていたのか

独立した担当美容師に言われて、新しい美容室へ行った人の中にはその新しい美容室でのかつての担当美容師は人が変わったようだった、と言う事を言う人もいるようです。それは雇われている美容師と言う立場ではなくて、経営者となったためだ、と言う事もあるでしょうけれども、逆に雇われていた頃には本当の自分の姿をさらけ出す事が出来ていなかった、と言う可能性もありますね。雇われているから仕方がない、経営者ではないのだから自分の思い通りには出来ない、と言う事がわかっていて、ただ黙々と働いていたのかもしれません。美容師と言う仕事は本来とてもクリエイティブな仕事であるはずですが、経営者が違えばやり方も随分と違っています。自分の思っているようなお客さんとの関わりが出来ない美容師も多い事でしょう。そんな美容師が自分のお店を持った時には、本当にこれまで自分が理想としていた事を実現させようとするに違いありませんし、人柄も本当の姿で働いているに違いありません。それは良い方向に変わることも有れば、お客さんにとってはちょっと自分とは合わない方向へ変わってしまう事もあるかもしれません。どちらにしてもそれまで雇われていた美容師の業務委託は中途で求人は横浜である程度自分の本当の姿を出す事が出来ていた人は、そんなに独立を考えるものではないかもしれません。お客さんにとっては美容室を変わるときには気になることがたくさんあると思うんですね。いくらこれまで担当してくれていた美容師が独立した先だから、とはいっても、それまでの美容室と全く同じ状況である事の方が少ないと思われます。新しいお店であればこれまでとは料金設定も違っているかもしれません。それは高くなっているかもしれないし、安くなっているかもしれないし、その担当美容師に聞いてみなくては解りませんね。ですが「ぜひうちのお店に来てください」と言われていきなり「カットはいくらですか?」などとは聞きにくいですよね。後日ホームページなどでチェックするしかありませんが、そこで料金がかなり高い設定になっているとちょっと考えてしまうかもしれませんよね。心にとめておかなくてはならないのは、いくら同じ美容師であるとはいえお店がちがってくるとそのコンセプトも料金設定もサービスも大きく変わってきている可能性が大きい、と言う事です。そしれ新しい美容室でのその美容師のやり方こそが、その人が理想としていた美容室のあり方であるにちがいありません。そうやって自分の思いえがいていることを実現するために独立する事がほとんどなのですからね。独立する事は喜ばしい事ですが、お客さんにとってもすべて吉と出るか、というとそうではない事も多々あるようです。