レベルアップするメリット

レベルアップするメリット

かつての風潮ならば美容師として働き始めたからには一つのお店でとことん働いてスタイリストの中でもトップの地位を目指す、というのが美容師の働き方だったり目標だったりしたと思うのですが、現代の風潮はそうではありません。美容師以外の職業でも同じなのですが「無理をしてまで上に上がりたくない」と言う考え方の人が増えたのです。美容室でも一般的な会社と同じように中間のポジションの美容師がいると思います。その人達はトップの経営者たちにとっては「下のスタッフのマネジメントも任せたい」「責任のある仕事をやってもらいたい」と言う期待をしていると思われます。ですが中間ポジションの美容師の中には「そんなきつい仕事はしたくない」「お客さんの髪を切るだけで十分」という考え方の人も多くなってきています。そして残念なことにそういう責任のある仕事を任されたからと言って給料が格段あがる訳ではない美容室が殆どです。つまり美容師にとっては「給料も上がらないのに責任だけが重くなる」と言う状況になるんですね。かつてのような上に上がってこそ働いている価値がある、と言う時代ではありませんから「それなら他の関大前にある美容院で楽に働きます」と考える美容師が出てくるのは仕方のないことかもしれません。かつて志の高い美容師は、いつか自分の店を持つ、と言う事を目標にする人が多かったと思います。ですが自分で店を持つ、と言う事は一から始めるにはあまりにもハードルが高い、と感じていた人も多いと思います。経営の勉強、資金の調達、そして何よりも開店してからの経営の維持はなかなか大変なものです。念願がかなってお店を持つことが出来たとしても、結局しばらくすると閉店に追い込まれた、と言うケースも少なくありません。そうなると美容師と言う職業そのものも捨てなくてはならない結果になる人も多いかもしれません。ですが近年ではそういった美容師の「一国一城の主になる」と言う夢のハードルは、企業型の美容室が増えてフランチャイズ制の美容室などが出てきて事により、独立の仕方も多様化してきていて、ハードルが低くなったように思います。自分でどんな独立の仕方が良いか、と言う事を検討できるようになったことで、今の美容室を辞める事も店長になることもその方法の選択肢がかなり増えてきたように思うのです。つまり今働いている美容室を辞めても次へのステップが見つけやすくなったように思われます。今の美容室が嫌だから、と言う理由よりも、自分自身のステップアップのために退職する、と言う事が容易になってきているのかもしれません。