お米のとぎ水の持つ美容効果

お米のとぎ水の持つ美容効果

普段からよく口にすることが多いお米。お米を水でといでから炊くのがふつうですが、このときのとぎ水はそのまま捨ててしまうにはあまりにおもったいない代物です。お米のとぎ水は特に美容にいいため、きれいになりたいと考えている人は捨ててしまうようなことのないように注意してみましょう。お米のとぎ水にはセラミド、ビタミンB1、ビタミンCといった美容にいい成分が多く含まれています。セラミドやビタミンCなどは乾燥肌対策に有効ですし、ビタミンB1は肌の再生などに役立っています。こういった肌に有効な成分を含んでいるお米のとぎ水は洗顔のときに利用してみるといいでしょう。これから出かけるという朝は使いにくいといった人でも夜の洗顔にはぜひとも使ってみてください。スキンケアをするときにお米のとぎ水で洗顔をすることでスキンケアの効果も高くなります。ぬるま湯で薄めて使うことで肌のくすみの解消、肌のきめ細かさが違ってくるようになります。またスクラブ効果もあります。お米のとぎ水の中に含まれている小さな粒子が肌の角質を洗い流し、古くなった角質を取り除く効果が期待できます。古い角質は肌を乾燥させていき老化を促進してしまうためスクラブ効果のあるとぎ水はエイジングケアにも高い効果を発揮してくれることになります。毎日洗う必要はありませんので、一定間隔でとぎ水を使った洗顔を行っていくようにすると自然とはdあが若返っていきトラブルも解決しているはずです。髪の毛って死滅した細胞の集まりです。つまり髪の毛を作っている細胞自体はもう動くこともなく自己修復などもできない状態となっています。髪の毛はトリートメントをしてあげると自然と回復すると思っている人も中にはいますが、髪の毛って生えてしまったら後は悪くなっていくだけなんですね。女性の場合は髪の毛を伸ばす人も多いと思いますが、髪の毛を伸ばすほど髪の毛は傷みやすくなっていきます。枝毛を見つけて髪の毛先を切り落としたことがある人も多いと思いますが、きれいなロングヘアを保つことってとても大変なんです。きれいなロングヘアを維持していくためにはどのようなことに気をつけていくといいのでしょうか。まずは生えるときの栄養です。髪の毛にはたんぱく質が必要になりますが、たんぱく質は比較的不足しがちな栄養です。食事をするときにはたんぱく質を意識して摂取していくようにしてください。普段のシャンプーやブラッシングでは髪の毛を傷めないように注意します。ブラッシングは静電気を発生させてしまうと髪の毛が傷みやすくなります。自然素材のブラシを使って静電気を発生させないブラシを使うようにしてみるといいですよ。髪の毛は定期的なメンテが必要になります。美容院に行って髪の毛を整えていくようにしましょう。毛先はどうしても痛みやすい場所のため定期的にカットしていくと美しさを保ちやすくなります。難しいことはしなくてもきれいな髪の毛は維持できるようになります。岩槻 美容院