美警戒心を解きほぐす

警戒心を解きほぐす

美容師があまり気付いていない事なのですが、お客さんは美容室に来る時にはかなり不安だったり心配だったり少し警戒したりしているものなんですね。特に初めての美容室に来店した時には、どんな美容室なのかどんな美容師が担当するのか、そして何より思い通りのヘアスタイルにしてもらえるのか、と言った事をとても心配しているものなんですね。プロがやっている宇都宮の美容院なんだからそんなに心配しなくても、と美容師の方は思うかもしれませんが、お客さんにとっては自分の用紙の良し悪しを左右するヘアスタイルを任せるのですから一大事なわけです。緊張してカウンセリングでもうまく話せなくなってしまう人もいます。そんな時に美容師が専門的な用語を多用して上から目線で話し続けたりすると、ますますお客さんは引き気味になってしまうかもしれません。そういうお客さんに対して先ずすべきことはお客さんの緊張や警戒心を解きほぐしてあげることなんですね。お客さんが自分の言いたい事を心置きなく話す事が出来る雰囲気をまずは作ってあげなくてはいけない、と言う事です。お客さんに満足のいくヘアスタイルを提供できる美容師は、実はテクニックは勿論ですが、こういうケースのカウンセリングがとても上手なのだと思われます。カウンセリングでお客さんが具体的なオーダーをして来ない場合には美容師の提案力が問われるところです。もちろん美容師ですからそのお客さんの髪質や顔立ちなどから似合うスタイルと言うのはだいたい頭に浮かぶことだと思われます。ですがそれがお客さんに気に入ってもらえるかどうか、と言う事も考えなくてはいけません。特に女性のお客さんなら似合うとか流行っている、といったヘアスタイルにも興味があると思うのですが、その人の生活スタイルに合ったヘアスタイルであることも重視している人が多いように思うのです。たとえば仕事で接客をしている人であれば、それにあったヘアスタイルにした方が良いですね。ですがあまりにも仕事を意識し過ぎたヘアスタイルだとアフターファイブにおしゃれが難しくなる、といった事も出てきます。その人がどういう仕事をしていて、どういう事に興味があって、休日や時間のある時にはどういう事をしているか、と言う事がわかれば、その生活に即してアレンジできるようなヘアスタイルの提案をしてあげたいものです。特に女性の皆さんはちょとしたイメチェンを好む人が多いものです。仕事中の自分とアフターファイブの自分は違うイメージにしたい、と言う人も多いものです。