自分の事をよくわかってくれている美容師

自分の事をよくわかってくれている美容師

これまで通っている美容室で自分をいつも担当してくれる美容師がいる場合、その人はおそらくその人にベストなヘアスタイルを提案してくれていると思うのです。もちろんその人がなりたいスタイルをベースにして考えてくれているのだと思うのですが、美容師は「似合う・似合わない」を見極める目を持っていますから、ベースのヘアスタイルに対してその人に似合うようなアレンジをしていると思うんですね。そのアレンジ方法と言うのは、ベースのヘアスタイルがどのようなスタイルであっても同じなのではないか、と思うのです。たとえば頭の形が面長である、と言う場合、面長を強調しないようなアレンジをした方が良い、と竹ノ塚の美容室でカットとカラーが人気の美容師は考えると思うのです。そうなるとできるだけ縦のラインを強調しないようなスタイルを治安したりするものでしょう。そのお客さんを長く担当していれば、どうしたら似合うか、という勘が的確に働いてしまう分、お客さん側からすれば、がらりを変わるようなイメチェンを想定していたとしても、どこかしら前とは変わらない部分が出てくる可能性がありますね。それは美容師が良かれと思ってやっていることであって、決して美容師が悪い訳ではないのですが、お客さんにとっては物足りないイメチェンとなってしまう可能性もありますね。イメチェンをしたい、と思う時に多くの人はまず第一に「ヘアスタイルを変える」と言う事を考えるのではないでしょうか。ヘアスタイルと言うのは自分の顔周りを覆うものなので、ヘアスタイルを変えるだけで顔の印象が大きく変わるからです。言ってみればイメチェンするにあたってヘアスタイルを変える事がいちばん手っ取り早いのです。そしてヘアスタイルを変える事を考える時、3通りの選択肢があると思うのです。まずは美容室へ行くか行かないか、つまり自分でアレンジを変えてイメチェンをするのか、美容室でそもそものヘアスタイルを変えてもらうのか、と言う選択です。自分でアレンジを変える方法はロングヘアの人ならやりやすいかもしれませんが、もともとショートの人などは自分でのアレンジは限界があるかもしれませんね。そうなってくると当然ですが美容室にお願いするのがいいですよね。髪をバッサリと切る、というのはイメチェンの定番と言っても良いでしょう。そしてその時の選択肢として「いつも言っている美容室へ行くのか」「新しい美容室にチャレンジしてみるのか」と言う選択肢があります。みなさんがイメチェンするとしたら、どちらを選ぶでしょうか。個の選択を考える時にポイントとなるのはこれまでに通っていた美容室との関係性ではないか、と思われます。