春からの紫外線ケア

春からの紫外線ケア

少しずつ温かくなってきて外の陽射しが気持ち良い時期になりました。でも実は春の紫外線は以外と強くてうっかり日焼けをしてしまったりするのです。ですから紫外線ケアは春からしっかりとしていかないと夏が終わる頃に後悔してしまっている結果になってしまいます。そもそも紫外線はシミやシワの原因なのはもちろん皮膚がんや白内障など健康にもあまりよくないと言われています。紫外線は知らないうちに皮膚へのダメージが少しずつ蓄積されてしまうので怖いところです。よく言う「若いうちから紫外線ケアを」というのはこういう所から言われています。毎日の紫外線の積み重ねが後々大きな影響を及ぼしてしまうのです。紫外線対策は基本的に季節を問わず毎日した方が良いと言われています。日差しが出ていない曇りの日や冬でも陽射しは降り注いているのです。一年の中で紫外線量が強くなり始めるのが4月から5月です。特に5月は7月や8月の紫外線量とほぼ変わらないくらい強いです。なのでまだ夏ではないから、、と一番紫外線対策を油断してしまいがちな時期です。ここでしっかりと日焼け止めを塗ったり日傘をさしたりとUVケアを頑張ると夏を迎えた時にもうすでに真っ黒という事態を避けられます。そして7月から8月の紫外線は年間で一番紫外線量が高い時期です。この時期の紫外線はお肌へのダメージが一番きついです。夏が過ぎる頃に蓄積してしまった紫外線のせいでシミやシワが増えていたという事態にならないように今からしっかりとケアをしていきましょう。これから紫外線が強くなる季節です。毎日日焼け止めを塗って外出をしますよね。でも日焼け止めをお顔のように手にも毎日塗っていますか?意外と忘れがちな部分だと思います。よく手は年齢を表すと言われています。手の甲ってシミができやすいので年齢を表しがちな場所なのです。どうしてシミが出来てしまうのかというと、身体のように洋服で覆われている部分ではなく、一年中外に出ている部分でお顔のように毎日きちんとケアをしている部分ではないからです。そしてお顔は太陽光に対して垂直に向いているのに対し、手の甲は太陽光に対して正面を向いている時間が長いのです。仕事をしている時にも窓際の席でパソコンを打っていたりすると手は紫外線にさらされています。考えてみるととても紫外線にあたっている時間が長いのです。ですから手に対しても顔と同じように日焼け止めを塗っていく必要がありそうです。手の甲のシミは濃くなりやすくまた目立ちやすいです。そして手の甲は皮膚が薄い場所なのでシワもできやすかったりするのです。皮膚が薄いという事は乾燥もしやすい場所です。なので手を洗ったらハンドクリームも必ず必要ですし、季節を問わず日焼け止めを塗っていきましょう。日焼け止めもハンドクリームもと面倒な方はハンドクリーム感覚で使える保湿効果の高スキンケアも出来るUVクリームでも良いと思います。こまめに塗りなおして、今年はお顔だけではなく手の日焼けにも気を付けていきましょう。弘明寺 美容室