独立の理由

独立の理由

美容師が独立を考える時、というのは色々あると思うのですが、大きく分ければ「美容師になった時から店を持つことが目標であった」という美容師もいれば「今の美容師の転職は中途で篠崎に不満があるから独立を考えるようになった」もしくは「指名をとても多くもらえるようになったので独立してもやっていけると判断した」と言ったような事ではないでしょうか。どんな理由で独立するのか、と言う事は、その人の性格やそれまでの美容師としての仕事ぶりと大きく関係しているのではないか、と思われます。特に自分の人気を過信しているような美容師は、かつてカリスマ美容師ブームの時に多く見られました。人気の理由がその美容師の用紙であったりパフォーマンスやトークであるにもかかわらず、自分には美容師としての能力がある、と思って独立してみたけれども、経営についてもしっかりと学べていないのであっという間に閉店に追い込まれる美容室が多くありました。ブームが去ったので今ではそういう美容師は少ないかもしれませんが、性格的に自分を過大評価する美容師は今でもいると思われます。またお店に対しての不満が募って独立するケースも似たようなところがありますね。本当にそのお店のやり方が理不尽なのか、と言うことを見極めずに独立して失敗するケースもよくあります。その美容師についていくかどうかは、こういった独立の理由も知ったうえで判断したいところですね。その美容師の独立が成功するのかしないのか、と言う事は、お客さんにとっては付いていくか行かないか、という判断基準になると思うのですが、それは開業して経営状態を見てみなければわからない事でもあります。ですが一つの目安として、その美容師が独立する事をこれまで働いていた美容室が歓迎しているかどうか、と言う事が大きいと思うのです。美容室の業界と言うのは今は件数の多さからどの美容室も他店との競争に必死になってします。そんな中で折り合いの悪い独立をした場合、やはり元の美容室としてはいくらかつて身内だったとは言え応援したい気持ちにはなれないと思うのです。逆に「あの美容師がお店お持つことになったんですよ。ぜひ行ってみてあげてくださいね」と言う様に元のお店がその美容師の独立を心から喜んでいるケースなら安心だと思うのです。おそらく独立にあたっては元のお店とは円満だったにちがいないですし、そういう事は何かあった時にも応援してくれる人がいることになります。本来独立を考えるならば、こういった円満な形でも独立が望ましいものですし、その美容師の人柄も高評価となることでしょう。挨拶も無くいつのまにか独立して別のお店を持っていて、後から「うちの店に来て」と連絡してくるような美容師では、独立後も心配なものが有りますね。